ツーリズム論

投稿数:4件

真夏の墓地で、異界の案内人(ガイド)と会った話

 気温三十五度をこえる猛暑の日、陽炎の立つ道を東京・谷中墓地へ向かった。  ここに眠る横山大観の墓参を果たすためである。  ここ数年、岡倉天心とその弟子・大観の逆境とのたたかいに共感し、いつか墓参しようと思い続けていた。 [...]

小さな村の桜の記憶

桜の季節になると、思い起こす風景がある。 かれこれ十五、六年前になるが、休日のたびに東北の各地を回っていた時期がある。 ちょうど桜のころであった。 青森県の片田舎の村に通りかかった。 それまで名前も知らない村だったが、村 [...]

人類大移動とホモモビリタス

私は、なぜ旅をするのか― この問いは、いつも澱のように私のなかに沈んでいる。 放浪(vagrancy)・漂泊への不可解な衝動、一所にとどまる息苦しさ、空間の彼方への渇望。 その情動の滴りは次第に躰を満たし、臨界をむかえる [...]

観光という文化、文化の観光をめぐって

2000年代は、日本のツーリズムにとって大きなエポックとなった。 観光を国家的課題として明確化した「観光立国宣言」が出されたのが2003年。06年には観光を21世紀の重要施策として位置づけた「観光立国推進基本法」が成立、 [...]